フードサービス業の店舗内装の殆どをリフォームした流れと結果

店舗内装は華麗に行う必要性を改めて感じた経験

ピザを作る様子をお客様が見えるように配置洋風のタイル風にする計画店舗内装は華麗に行う必要性を改めて感じた経験

最初に困ったことは店舗内装のリフォーム会社の選択です。
インターネットから調べてみても複数の会社が近隣エリアで営業をしていて、ホームページを見るとどこも料金が高そうというイメージがありました。
そこで見積もりを一括でできるサイトを通じて、リフォームしたい内容を細かく入力してみたのですが、結果的に希望通りの施工内容で最安値を提示している会社に出会うことができ、商談を経てから契約に至っています。
飲食店の場合は無休で営業をしていて私のピザ店も年末年始以外は休店日がありません。
そのため、施工会社には営業が終わった時間から翌日の営業時間までを限度として工事を行ってもらうことになりましたが、不安をよそにして1ヵ月も掛からずにリフォームを終えることができました。
非常に満足できる仕上がりです。
特にカウンターは造作家具で特注品で作ってもらうことができ、厨房の床材はタイル風でありながら滑らない特殊な素材です。
イートインコーナーは海外にいるかのようなイメージに仕上げてもらい、かなり魅力的なお店に変えることができました。
経費も安く済ませることができ、十分な補償期間を付けてもらえたことも魅力的です。
その後は以前よりも売り上げがアップしており、特にイートインのお客様が増えている結果を見て、やはり店舗内装は華麗に行う必要性を改めて感じた経験です。